絶対かわいくなれる京都の着物レンタル名店GUIDE
着物レンタルで映える京都観光♡ » これで京都の人からもお墨付きGET! 初めてさんの季節別着物のきこなし講座

これで京都の人からもお墨付きGET! 初めてさんの季節別着物のきこなし講座

洋服も季節によって生地やデザインが変わるように、実は、着物にも春夏秋冬の着こなし方があるのです。

寒いときには温かく、暑いときには涼やかに。それだけではなく、着物は、季節の移り変わりを柄や素材で表現しており、昔からの日本人としての美意識でもあります。

基本のルールとして、季節によって着物の種類が違います。10月から5月は、裏地のついた仕立ての「袷(あわせ)」、春や秋の気温の上がる6月と9月は「単衣(ひとえ)」、7月と8月は猛暑に涼やかに着る「薄物」を着ることになっています。

帯は、夏以外の一年中使えるもの、夏用の大きく分けて2種類から選びます。その他、帯締めや半衿、長襦袢、小物、羽織なども季節に合ったものを選ばなくてはなりません。

このように細かい着こなしのルールはありますが、大切なのは季節に合わせて自分らしく着こなすということ。様々な柄や色から着物を選び、帯や小物を合わせて、自分だけの和装を楽しんでもらいたいです!

春の着物のきこなし

春の京都
引用元:Instagram 
https://www.instagram.com/p/BkWXq7uHw1E/?taken-by=ck.blaueyuri
春の京都02
引用元:Instagram 
https://www.instagram.com/p/BhXeAZXlFwf/

花咲く春のはじまりは、ピンクやベージュなど明るい色味で春らしく。桃や桜、牡丹などの花柄が映えます。桜が散ると現れる新緑に合わせて緑系の色も取り入れるとステキですよ!

夏の着物のきこなし

夏の京都
引用元:Instagram 
https://www.instagram.com/p/Bm5gUv1nGj4/
夏の京都02
引用元:Instagram 
https://www.instagram.com/p/BmQd46PB1dg/

暑いときの着物は、暖色系や白などの色などで涼やかに。紫陽花や朝顔の夏の花モチーフ、竹や笹などの柄を選ぶと爽やかでオシャレ感がアップします!

秋の着物のきこなし

秋の京都
引用元:Instagram 
https://www.instagram.com/p/BqXkH4FlZkp/
秋の京都02
引用元:Instagram 
https://www.instagram.com/p/Bq1b9kHgdo4/

秋の深まりを感じさせるカラーは、赤や茶色、朱色、からし色など。着物にも、ぜひとも取り入れたいですよね。おすすめの柄は、紅葉や萩、撫子が可愛らしくおすすめですよ!

冬の着物のきこなし

秋の京都
引用元:Instagram 
https://www.instagram.com/p/BhQarSulCjm/
秋の京都02
引用元:Instagram 
https://www.instagram.com/p/BdfMCfZHzeB/

人に見られるイベントが多い季節だから、豪華な着物で華やかに。草花が少ない冬こそ、あえて明るい色合いや季節の菊などの花柄を着物に取り入れて美しく飾りましょう!

絶対かわいくなれる京都の着物レンタル名店GUIDE