絶対かわいくなれる京都の着物レンタル名店GUIDE
着物レンタルで映える京都観光♡ » これで京都の人からもお墨付きGET! 初めてさんの季節別着物のきこなし講座 » 京都の景観に映える秋の着物の着こなし術

京都の景観に映える秋の着物の着こなし術

9月~11月の着物の正しい着こなし

秋の気配が近づいてくると、過ごしやすくなり、お出かけも楽しくなりますよね。紅葉で葉が色づくように、秋らしい色合いや柄の着物を着こなしたいものです。

この季節に着るべき着物

秋の初め、9月から10月はまだまだ暑い日もあります。しかし、真夏用の薄物ではなく、裏地がついてない「単衣(ひとえ)」という着物を選びます。秋が深まってきた10月ごろからは、裏地をつけて仕立てた「袷(あわせ)」を選びましょう。

これからの季節に似合うのは、総絞りなどの重みを感じる素材です。また、色合いも、秋の深まりを表現するような茶色や深緑、ベージュ、紫、橙色、朱色、からし色といった日本らしい暖色系の色味が粋に映えます。春夏とは違い、ダークな色合いにも挑戦できる季節なので、大人っぽい着こなしを楽しめるでしょう。

おすすめの柄

秋を感じる柄としては、紅葉、萩、桔梗、撫子など。色づく葉や木の実など秋の景色を連想させる柄が人気です。あえて色無地や縞などでシックにまとめるのも、現代的な柄を取り入れた着こなしも、アートな秋の季節だからこそ似合うもの。秋は、洋服と同じように和装コーディネイトも楽しめる季節。常識にとらわれず、自分の個性を大切にしてセンスを試してみるのも良いかと思います。

帯の選び方も大切です。比較的、着物の色合いが暖色系に落ち着くシーズンだからこそ、帯で差し色を入れることで一味違うコーディネイトに仕上がり、周りの視線を集められるでしょう。

秋物で出かけたい!京都見どころスポット

絶対かわいくなれる京都の着物レンタル名店GUIDE